東京で『高次脳機能障害』で弁護士をお探しの方はご相談ください。

「関東地方にお住まいの方」向けのQ&A

東京に住んでいるのですが、高次脳機能障害が残ってしまったことで相談をしたいと考えています。どのような方法での相談ができますか?

  • 文責:弁護士 石井浩一
  • 最終更新日:2020年10月1日

東京駅近くの事務所池袋の事務所までご来所いただくほか、お電話でご相談いただくことも可能です。

お仕事の都合や体調の関係上ご来所が難しい場合でも、安心してご相談いただけます。

高次脳機能障害についてお悩みがある方は、まずはご連絡ください。

弁護士紹介へ

高次脳機能障害の問題にしっかりと対応

弁護士が、高次脳機能障害のお悩みを親身にお伺いし、問題にしっかりと対応させていただきます。まずはご相談ください。

スタッフ紹介へ

気軽に高次脳機能障害の相談が可能

各種無料診断サービスをご用意し、できるだけお気軽に高次脳機能障害のご相談をしていただけるよう努めております。

来所せずに高次脳機能障害の相談が可能

高次脳機能障害のご相談については、東京駅の近くにある事務所へご来所いただくほか、お電話でもしていただくことが可能です。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

自動車事故による高次脳機能障害

強い衝撃による脳への影響

頭に衝撃を受けることで、脳の部分に悪影響が及ぶことがあります。

その結果、記憶や計算などができなくなってしまったり、以前よりも不得意になってしまったりするという方もいらっしゃいます。

このような高次脳機能障害と呼ばれるものは、通常のケガと異なり外見上わかりにくいこともあり、本人には自覚がない場合もあるため、注意が必要です。

性格の変化などに注意が必要

また、高次脳機能障害が残った結果、性格の面に影響が出てしまう方もいらっしゃいます。

たとえば、以前と比べて怒りっぽくなった、子どもっぽくなったなどの変化が挙げられます。

こちらも本人には自覚がない場合がありますので、周りの方が変化に気が付くことが重要となります。

高次脳機能障害の疑いがある場合はご相談ください

高次脳機能障害が残っている場合、それによる影響も考慮した損害賠償を受けることが大切です。

当法人では、高次脳機能障害が残ってしまった場合の損害賠償についても、ご相談を承っています。

東京の事務所にご来所いただいてのご相談のほか、お電話でのご相談もしていただけますので、東京にお住まいの高次脳機能障害を抱えていらっしゃる方やそのご家族の方は、当法人にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ