交通事故による『高次脳機能障害』は弁護士法人心まで

「その他の高次脳機能障害情報」に関するお役立ち情報

家族が高次脳機能障害になった場合に気を付けるべきこと

1 高次脳機能障害について

交通事故で頭部に大きな衝撃を受けた被害者の方の中には、頭蓋骨の骨折や頭蓋内の脳出血などの重傷を負う方も珍しくありません。

このように頭部に脳出血等の生死にかかわる大きな傷害を負った場合には、事故直後から入院などをともなって集中的に医療機関において治療が行われることが多いです。

担当する医師も、まずは被害者の方の一命をとりとめることを最優先にして診察及び治療を行います。

そして、無事に救急救命の目的が達せられ、一命をとりとめることができたとしても、そこで安心をすることはできません。

なぜなら、交通事故で脳出血を伴うような大きな脳外傷を受けた場合には、その後に、記憶力の低下や人格の変化など、脳の機能に様々な異常や機能の低下が生じることがあるからです。

このような、脳外傷後の脳機能の低下を、専門的には高次脳機能障害と呼びます。

認知機能などの高次元の脳機能に障害が生じることから、このような名前がつけられています。

2 高次脳機能障害の見落とし

高次脳機能障害は、骨折や裂創のように目に見える症状ではないため、家族の方などが注意深く被害者の方を見守らないと、見落とされてしまうことも少なくありません。

例えば、一見すると事故前と同じように会話ができていて、どこにも異常はなさそうなのに、方向感覚が著しく低下してしまって、事故前では考えられないような場所で迷子になってしまうというように、脳機能の一部分だけが大きく低下するような場合もございます。

あるいは、学生の被害者の方で、筆記試験の成績は優秀なのに、調理実習など実際に体を動かしながら段取りを組んで作業を進めなければならなくなると、混乱してうまく作業ができなくなるような場合もございます。

その他には、味覚や嗅覚に異常が出る場合もございます。

このような被害者の変化は、交通事故にあう前の被害者の方をよく知っているご家族でないと、気づくことが難しいことも少なくありません。

交通事故の被害者のご家族の方は、些細な変化でも遠慮することなく、脳神経外科等の主治医に相談して、その変化が交通事故の脳外傷によって生じた障害でないか診察を受けるように気を付けていただければと思います。

また,高次脳機能障害であった場合には,損害賠償について,しっかりと主張する必要がありますので,弁護士にご相談ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ