交通事故による『高次脳機能障害』は弁護士法人心まで

「その他の高次脳機能障害情報」に関するQ&A

事故による高次脳機能障害の疑いがあるのですが、どうすれば良いでしょうか?

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2021年3月17日

1 高次脳機能障害の症状は様々

高次脳機能障害により、記憶障害、遂行機能障害、社会的行動障害など様々な症状が生じることがあります。

記憶力が悪くなりメモしないとすぐに忘れてしまう、物事に取り組もうとするが何から手をつけて良いか分からなくなった、家族や友人とのコミュニケーションが上手くとれなくなった、怒りやすくなった、など様々です。

このような症状の中には、日頃から身近にいる方でなければ把握できないこともあります。

脳を損傷した場合には、事故前との違いを適切に把握することが大切です。

2 高次脳機能障害の疑いがあるときには

⑴ まずは受診を

ア 早期の受診

事故から時間が経った後に、受診する場合には、事故による高次脳機能障害であることを証明することが困難になることがあるため、できる限り早く受診することをお勧めします。

イ 症状を伝える

先程述べたとおり、高次脳機能障害は、日頃から身近にいる方でなければ把握できないことも多いです。

事故前の被害者の状態を知らない医師が事故による被害者の変化に気づくことは困難であることが多いです。

そのため、日頃から身近にいる方が主治医に対して被害者の変化を適切に伝えることが大切です。

忙しい医師の現状からすると、被害者の変化を書面にして、主治医に渡した方が良い場合もあります。

ウ 早い段階で検査を受ける

事故から時間が経った後、脳損傷が発覚した場合、事故と脳損傷との間の因果関係の証明が困難になる場合があります。

そのため、できる限り早い段階でMRIやCTなどの検査を受けることが大切です。

また、事故直後には、明確な画像所見が出なかった場合でも、少し時間が経ってから画像所見が出ることもありますので、事故直後に明確な画像所見が出ていない場合であっても、再度、検査を受けた方が良い場合もあります。

⑵ 事故前と異なる点について証拠を残す

高次脳機能障害の症状は、その程度に応じて後遺障害等級が変わります。

高次脳機能障害の症状が争われる場合に備えて、症状などの証拠を残すことが大切です。

たとえば、事故前にはなかった被害者の言動を日記に記録しておくことなどが考えられます。

3 高次脳機能障害かもしれないと思ったら

高次脳機能障害は事故直後の段階で適切な対応ができるか否かによって、賠償金が大きく変わりうるものです。

交通事故による高次脳機能障害の可能性がある場合には、できる限り早い段階で交通事故に詳しい弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ