交通事故による『高次脳機能障害』は弁護士法人心まで

「その他の高次脳機能障害情報」に関するQ&A

高次脳機能障害について弁護士に相談すべきタイミングはいつですか?

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2020年12月1日

1 高次脳機能障害は初期対応が特に重要

⑴ 画像所見

高次脳機能障害は、初期の段階では家族でもすぐには分からない性格変化や記憶障害、注意障害、などを伴うことがあります。

そのため、初期に発見されずに、症状がかなり進行した後に、確定診断がされることも少なくありません。

しかしながら、事故から時間が経った後に画像を撮影したとしても、経過が分からないことから、後遺障害等級認定において不利になることがあります。

頭部を負傷している場合には、念のため、脳の精密な検査を受けること、少しでも性格変化や記憶障害、注意障害、判断能力の低下、がある場合には、主治医に伝えて、精密な検査を受けること、をお勧めします。

⑵ 主治医に症状を伝える

高次脳機能障害は、ご家族の方ですら、初期の段階では分かりづらいことが少なくありません。

まして、主治医は、事故前の被害者の状態を知らないため、ご家族の方が適切に事故前からの変化を伝えないと高次脳機能障害であることが見逃されてしまうこともあります。

その結果、事故から長期間、高次脳機能障害特有の症状がカルテに記載されず、適正な賠償金を得られないこともあります。

⑶ 症状等の証拠

高次脳機能障害においては、その症状の経過、症状の有無が問題にされることも少なくありません。

争われることに備えて、事故後、被害者の言動などを日記帳のようなものに記載することで、症状の証拠を作成することが大切です。

⑷ まとめ

このように、高次脳機能障害においては、症状の証拠を残すことなど初期対応がとても重要になります。

2 できる限り早い段階で相談を

前記のとおり、高次脳機能障害においては、初期対応が特に重要になります。

初期対応を間違えてしまうと、適正な後遺障害等級が認定されず、適正な賠償金を得られないこともあります。

後遺障害の賠償金は、等級が1つないし2つ異なることで、100万円単位、場合によっては、1000万円単位で賠償金が異なることも少なくありません。

後悔しないためにも、できる限り早い段階で、弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ