交通事故による『高次脳機能障害』は弁護士法人心まで

「高次脳機能障害の損害賠償金(示談金)」に関するお役立ち情報

交通事故による高次脳機能障害の慰謝料の決め方

1 交通事故の慰謝料について

交通事故に遭い,後遺障害の等級認定を受けた場合には,後遺障害が残ってしまったことに対する精神的苦痛に対しての損害賠償として後遺障害慰謝料が認められます。

交通事故を原因として発生する高次脳機能障害については,その障害の程度により等級が認定されます。

そして,その等級に応じて,慰謝料として認定される額がある程度決まっています。

2 認定される等級および自賠責保険金の目安額

⑴ 1級1号

  • ア 「神経系の機能または精神に著しい障害を残し,常に介護を要するもの」については,1級1号と認定されます。
  • イ この場合,後遺障害慰謝料として,自賠責保険では1600万円が保険金として認定され(自賠責保険の限度額は4000万円),裁判基準では2800万円を目安に決定されることになります。

⑵ 2級1号

  • ア 「神経系の機能または精神に著しい障害を残し,随時介護を要するもの」については,2級1号と認定されます。
  • イ この場合,後遺障害慰謝料として,自賠責保険では1163万円が保険金として認定され(自賠責保険の限度額は3000万円),裁判基準では2370万円を目安に決定されることになります。

⑶ 3級3号

  • ア 「神経系の機能または精神に著しい障害を残し,終身労務に服することができないもの」については,3級3号と認定されます。
  • イ この場合,後遺障害慰謝料として,自賠責保険では829万円が保険金として認定され(自賠責保険の限度額は2219万円),裁判基準では1990万円を目安に決定されることになります。

⑷ 5級2号

  • ア 「神経系の機能または精神に著しい障害を残し,特に簡易な労務以外の労務に服することができないもの」については,5級2号と認定されます。
  • イ この場合,後遺障害慰謝料として,自賠責保険では599万円が保険金として認定され(自賠責保険の限度額は1574万円),裁判基準では1400万円を目安に決定されることになります。

⑸ 7級4号

  • ア 「神経系の機能または精神に障害を残し,簡易な労務以外の労務に服することができないもの」については,7級4号と認定されます。
  • イ この場合,後遺障害慰謝料として,自賠責保険では409万円が保険金として認定され(自賠責保険の限度額は1051万円),裁判基準では1000万円を目安に決定されることになります。

⑹ 9級10号

  • ア 「神経系の機能または精神に障害を残し,服することのできる労務が相当な程度制限されるもの」については,9級10号と認定されます。
  • イ この場合,後遺障害慰謝料として,自賠責保険では245万円が保険金として認定され(自賠責保険の限度額は616万円),裁判基準では690万円を目安に決定されることになります。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ