交通事故による高次脳機能障害は弁護士法人心まで

交通事故 高次脳機能障害サポート by 弁護士法人心

事務所選びのポイント

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

「弁護士に相談したのに,全く頼りにならなかった」ということを防ぐためにも,弁護士選びはしっかりと行いましょう。特に高次脳機能障害のような症状については,症状について深い理解や豊富な知識がある弁護士に相談することがとても大切です。

スタッフ紹介へ

高次脳機能障害が生じていると認められ,かつ,症状に対して適切な等級を認められるためには,やはり早くから弁護士に相談することが大切かと思います。皆様や皆様のご家族等に高次脳機能障害の疑いがあるという場合には,お早めにご連絡ください。

対応エリア

事故後のちょっとした変化に気がつくことが,高次脳機能障害の早期発見につながる場合があります。早くから適切な検査を受け,きちんと症状を伝えることなどが大切ですので,おかしいと感じることがありましたらお早めに弁護士にサポートをお受けください。

高次脳機能障害の難しさと弁護士を選ぶ際の注意点

1 高次脳機能障害とは

「高次脳機能障害」は,交通事故による頭部外傷により脳が損傷し,それをきっかけに言語や視聴覚,性格の変化や集中力等の日常生活能力などに影響を与えてしまう障害です。

言語,視聴覚,性格変化,日常行動等(記憶力の低下や判断力の低下など)に関する症状ですので,症状自体は多岐にわたり,かつ,目に見えにくいものです。

例としては,知っているはずの道で迷ったり,ボタンをかける動作がぎこちなかったり,自転車が乗れなくなったりなど,日常生活における障害が出てきます。

ただし,頭部外傷による脳損傷が前提のため,総じてこのような障害が残るケースの怪我は重く,事故直後には目立った外傷の処置に気を取られ,高次脳機能障害の症状については見落とされやすい,という難点もあります。

2 高次脳機能障害の要件

次に,この高次脳機能障害は,どのような場合に起きるのか,どのような症状があると後遺障害として認められるのか,についてです。

高次脳機能障害とは,脳の損傷が原因であり,頭部外傷をうけていること,具体的には,①傷病名としてある一定の頭部外傷の診断を受けていることが必須になります。

そして,②①の頭部外傷による脳損傷を裏付けるCTやMRI等の画像所見があることが必要です。

また,③事故直後に一定の意識障害があることなども必要です。

③については,当初の診断書に意識レベルの記載があること,カルテ等に意識障害を示す記載があることが非常に重要になります。

これら①から③が入口の要件ですが,症状の程度を立証するための,知能検査,記憶検査などの各種検査の結果も,等級を左右する重要なものです。

3 高次脳機能障害の難しさ

高次脳機能障害は,事故直後から,必要な要件を満たす意識障害や検査等が多数あるにもかかわらず,事故からある程度時間が経過してからしか症状に気付けないということが多いのが実情です。

そのため,高次脳機能障害になる可能性を意識して治療が行われておらず,事故直後に行うべき検査が行われていないために頭部外傷による脳損傷を裏付ける立証が難しいケースや,事故直後の意識障害の立証が難しいケースも見受けられます。

だからこそ,事故直後から,高次脳機能障害に詳しい弁護士に相談することで,受けるべき検査や医師や看護師への対応方法など,立証を見越した治療中の注意点などのアドバイスを受けることが重要です。

4 高次脳機能障害の症状の程度と等級認定

また,高次脳機能障害が問題となるケースで認定される可能性のある後遺障害等級は,1級から14級まで多岐にわたりますので,残存する症状の程度がその等級を大きく左右することになります。

認定される等級によって賠償金の額も大きく変わってくるので,要件を満たしたあとの,症状の程度の裏付けも非常に重要です。

症状の程度を示す資料としては,通院中の看護記録や家族の記録,看護者や家族に書いてもらう日常生活状況報告書などがあります。

後遺障害等級認定においては,これらの内容が重要になります。

治療中から,詳細な症状経過や,症状が日常生活に与える影響などについて記載されていると,日常生活状況報告書の記載も充実したものにできます。

常に付き添ってみていられないことも多いので,医師や看護師とのコミュニケーションをとり,病院での様子を知っておくことも重要です。

5 高次脳機能障害に詳しい弁護士に相談

高次脳機能障害に詳しい弁護士に相談することで,治療中から気をつけるべきことや,医師や看護師との対応,保険会社との対応,その後の必要資料の収集などについて,適切なタイミングで適切なアドバイスを受けることができます。

弁護士法人心では,交通事故チーム,特に後遺障害チームをつくって内部研修やノウハウの蓄積・共有に力を入れております。

賠償の結果に大きく影響を与える可能性のある高次脳機能障害の後遺障害等級認定だからこそ,高次脳機能障害に詳しい弁護士に相談されることをお勧めいたします。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

高次脳機能障害でお悩みの方の法律事務所の選び方

弁護士に依頼するということは,滅多にあることではないため,戸惑われる方がほとんどかと思います。

そのような時に,こちらの事務所選びのポイントを参考にしてみてください。

高次脳機能障害でお困りの時の弁護士探しは,交通事故だけでなく,医療分野の知識も豊富な人材が揃っている事務所を選ぶことが大切です。

高次脳機能障害は脳の損傷が原因で起こる障害のため,症状も物忘れや感情のコントロール欠如など,内面的なものになってきます。

そのため,高次脳機能障害について詳しくない弁護士ですと,症状を見逃してしまい,後遺障害等級認定の際に必要な資料を揃えることができなくなってしまう恐れがあります。

後遺障害等級認定はその後の賠償金額に大きく関わってきますので,適切な認定をうけるためにも,高度な医療知識がある弁護士に依頼することをおすすめします。

高度な医療知識が必要な高次脳機能障害について相談すると,費用も高くなってしまうのではないかと不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

弁護士法人心では,高次脳機能障害に関するご相談は原則無料で承っておりますし,相談時に弁護士費用や解決の見通しについて丁寧にご説明いたします。

ご納得いただいてから契約をすすめさせていただきますので,安心して相談にお越しください。

弁護士法人心には,これまで高次脳機能障害を取り扱ってきた経験から得たノウハウがありますし,高次脳機能障害を集中して取り扱っている弁護士やスタッフが丁寧にサポートいたします。

まずは一度,弁護士法人心にお問合せください。

お問合せ・アクセス・地図へ