交通事故による高次脳機能障害は弁護士法人心まで

交通事故 高次脳機能障害サポート by 弁護士法人心

柏で高次脳機能障害にお悩みの方へ

弁護士法人心では,交通事故による高次脳機能障害に力をいれております。

高次脳機能障害が後遺障害としてどのように認定されるかによって,受けられる損害賠償の金額が大きく異なってくるため,適切な後遺障害認定を獲得することが重要です。

弁護士法人心では,後遺障害認定機関で「認定する側」にいた元職員が在籍しており,交通事故・後遺障害を得意とする弁護士と連携して,後遺障害申請についてもしっかりとサポートいたします。

柏には,柏駅から徒歩2分の場所に「弁護士法人心柏駅法律事務所」がありますので,柏周辺で高次脳機能障害にお悩みの方は,ぜひご相談ください。

お役立ち情報トップ

高次脳機能障害の損害賠償金(示談金)

高次脳機能障害の後遺障害

その他の高次脳機能障害情報

閉じる

高次脳機能障害の
後遺障害認定基準
後遺障害申請の
ポイント

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

高次脳機能障害について弁護士に相談すべきタイミング

1 高次脳機能障害

高次脳機能障害とは,主に脳の損傷によって起こされる記憶障害,注意障害,遂行機能障害,社会的行動障害などの認知障害等のことをいいます。

以前と比べて性格が大きく変化する,計画的行動できなくなる,物事への関心が減る等の症状が生じることもあります。

しかし,このような症状は事故以前の本人の状態をご存じの家族の方のみ気づく場合が多く,上手く医師に伝わらない場合があります。

2 後遺障害認定のために

高次脳機能障害での後遺障害等級認定のためには三つの要件を満たす必要があると一般的にいわれています。

まず,①脳挫傷,びまん性軸策損傷,びまん性脳損傷,急性硬膜外血種,急性硬膜下血種,外傷性くも膜下出血,脳室出血等の傷病名で確定診断を受けていることが必要となります。

次に,②①の傷病名について画像所見があることが必要となります。

そして,③意識障害,もしくは健忘症あるいは軽度の意識障害が存在すること,すなわち,半昏睡~昏睡・開眼・応答しない状態を前提に,JCSが2~3桁で,GCS12点以下が少なくとも6時間以上必要になります。

健忘症や軽度の意識障害の場合,JCSが1桁,もしくは,GCS13~14点が少なくとも1週間以上続いていることが必要になります。

3 高次脳機能障害について弁護士に相談すべきタイミング

高次脳機能障害は分かりづらい症状もあり,適宜証拠化しておくことが後の後遺障害の認定において重要となる場合があります。

一方で,症状に関して適切な証拠保全がされていなかったがために実際よりも軽い障害であると認定されるケースも多いです。

弁護士法人心では,交通事故直後からご相談を承っております。

柏市近郊で高次脳機能障害でお悩みの方は,弁護士法人心柏駅法律事務所までご相談ください。

お役立ち情報トップ

高次脳機能障害の損害賠償金(示談金)

高次脳機能障害の後遺障害

その他の高次脳機能障害情報

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

高次脳機能障害について詳しい弁護士にご相談ください

交通事故によって脳の機能に影響が出た場合でも,外見だけでは以前と何ら変化がないように見えることも多いものです。

そのため,高次脳機能障害に関しては障害が残ったということが理解されにくく,場合によっては適切とはいいがたい賠償金額を提示されてしまうこともあります。

そういった賠償金額を適切なものにするためには,高次脳機能障害について理解と知識がある弁護士に依頼をすることが大切です。

弁護士法人心では,交通事故の案件を集中的に取り扱い,日々研究も行っている弁護士が,皆様を担当させていただきます。

皆様が適切な賠償を受けることができるようしっかりとサポートさせていただきますので,ぜひご相談ください。

当サイトでは,柏市やその周辺にお住まいの方に向けて,弁護士法人心が高次脳機能障害に関する情報を発信しています。

高次脳機能障害というのがどのようなものか,高次脳機能障害になってしまった場合にどのような対応が必要かということなど,さまざまな情報を掲載していますので,ぜひご参考にしていただければと思います。

弁護士法人心にご相談いただく場合には,事務所までご来所いただくほかにお電話で弁護士にご相談いただくことも可能です。

0120-41-2403でご予約をしていただけますので,高次脳機能障害について弁護士へのご相談をご希望の方はご連絡ください。

高次脳機能障害について弁護士法人心柏駅法律事務所にご相談ください

高次脳機能障害でお悩みの方の中には,「後遺障害が認められなかったら相談してみよう」「保険会社から示談案が提示されたら,その金額の妥当性を相談してみよう」と考えている方もいらっしゃるかと思います。

もちろん,そのようなタイミングでのご相談も承っておりますが,もっと早い段階からご相談いただければ,適切な損害賠償を受けるために,より様々なサポートをさせていただけることが少なくありません。

そのため,高次脳機能障害の可能性があり,お悩みの方は,お早めに高次脳機能障害に詳しい弁護士にご相談ください。

弁護士法人心では,「後遺障害チーム」を作り,高次脳機能障害などの後遺障害案件には特に力をいれて取り組んでおります。

柏には,柏駅から徒歩2分の場所に,弁護士法人心柏駅法律事務所があります。

交通事故による高次脳機能障害でお悩みの方は,弁護士法人心柏駅法律事務所までご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ